就職の役に立つ資格

就職に役立つ資格をご紹介!

おすすめリンク

学校のパンは危険?

パンを作りたいという情熱に答えてくれる人気のパン学校について、学校に通うメリットもご紹介します。

財務に関する資格

就職の際には、履歴書にどのような資格を持っているのか、を書かせる項目が必ずと言って良いほど記載されています。
昔はそれほどまでに資格の数も多くはなかったのですが、今は星の数ほどの資格が存在しています。財務に関するもの、言語に関連しているもの、IT・コンピュータに関連した資格など、多様性も豊かになってきています。
そこで、なぜ就職の際に資格が必要になってきているのかということに疑問を持ちませんでしたか?
実のところ、就職に資格は必要ではないのです。ではなぜ?という疑問をさらに持ちますよね。資格を持っている人が職を手に入れやすい理由は、「仕事で即戦力になる」「資格を取った理由が評価の対象になる」という2点の理由からです。

1つ目の、「仕事で即戦力になる」とはどういうことなのかご説明していきましょう。
就職の際の面接官(採用責任者)が注目しているのは、「入社後に戦力になるか」ということです。学歴や経歴だけがすごいものを持っていたとしても、仕事ができなければ採用しても業務に貢献できません。ですので、資格を無理して取らなくても良いですが、即戦力になるような資格はとっていきましょう!

2つ目の、「資格を取った理由が評価の対象になる」では、就職活動の際の面接では、「大学生活の中で頑張ったこと」が高確率で聞かれます。取得が難しいような資格を取っていると、資格についての話を話すことができます。動機・過程・課題・克服力・成果などを話せるチャンスです!