就職に役立つ資格をご紹介!

>

言語に関する資格

TOEIC TEST

TOEIC をご存知ですか?TOEICとは、国際コミュニケーション英語能力テストという名前の英語の能力を測るためのテストです。このテストは、英語圏でない所を対象としたものになっています。TOEICはアメリカの試験サービス(TES)という組織が1979年から行なっています。
日本では(IIBC)が取り仕切っています。試験回数としては、年に10回(1月・3月・4月・5月・6月・7月・9月・10月・11月・12月)と比較的回数の多い試験となっています。注意点としては、問題用紙や回答用紙などに書き込むことは禁止されていることです。二時間ほどあるテストなので、集中力を保てることが高いスコアをとる一つの秘訣かもしれません!

実用英語技能検定

実用英語技能検定をご存知でしょうか。この試験は、誰もが一度は受けたことや聞いたことのある試験ではないでしょうか。
実用英語技能検定は、英語検定・英検と呼ばれる試験のことです。あまり、就職には役に立たないのではないか?ということを聞いた人もいるでしょう。確かに、3級や準2級では就職には対して役には立ちません。しかし、2級や1級だと就職で役に立つこともあります。では、実際によく聞く、実用英語技能研てことはどのようなものなのか説明していきたいと思います。
英語検定は公益財団法人日本英語協定協会という協会が行っており、文部科学省が後援しています。1963年から始まり、受験する大半が中高生となっています。3級からは、2次試験に面接があり、スピーキングの能力も問われてくる試験となっています。


この記事をシェアする