就職に役立つ資格をご紹介!

>

IT系に関する資格

MOS

「MOS」という資格をご存知ですか?「MOS」とは、「マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト」という資格のことです。
この資格は、マイクロソフト社が公式に行っているワードやエクセルなどのマイクロソフト社の製品の利用するためのスキルがどれほど備わっているのかを客観的に署名することができる資格となっています。
この資格には、スペシャリストレベルとエキスパートレベルがあります。スペシャリストレベルは、一般(文字のフォントを変えたり印刷したり)に扱うことができるレベルとなっています。一方、エキスパートレベルは少しランクが上がり、他のアプリケーションからの読み込みや目次などを作成したりと機能を十分に扱えることのできるレベルとなっています。
「MOS」の資格を持っていると即戦力になると見られるので、就職には有利となっています。

基本情報技術者試験

ここでは、基本除法技術者試験についてご紹介します。皆さんは、この試験についてご存知でしょうか。この試験は、高度なIT人材となるために必要な知識・技術などを身につけるためのものであり、国家試験として認定されています。
どのような試験内容になっているかというと、コンピュータシステムの開発や運用、ネットワーク、データベース、セキュリティ、情報化などITとよばれてイメージするような技術の知識を詰め込んだような試験となっています。
受験している年齢層は、10代半ばから50代と幅広く、現在のインターネット普及に際して、これからも受験者や取得した人材を求める声が増加する試験の一つである。合格者の平均年齢は24歳〜26歳と大学生のうちに、合格することは少し難しいようにも感じるが、その分大学生のうちに取得していれば他と一歩さをつけることができるのは間違いないだろう。


この記事をシェアする